News管理画面の作成

CMS作成サービスKIROEでNews管理画面のサンプルを作成する手順の紹介です。
KIROEでCMSを3分で作成「News管理画面編」と同様のCMSの作成内容となっています。

News管理画面の作成について

こちらではKIROEでCMSを3分で作成「News管理画面編」の動画と同様のCMSの作成手順を紹介しています。
CMS何作ったら良いか分からないといった方に、こちらでNews管理画面のCMS作成の手順~設置までをお試し頂ければと思います。

1.まずはKIROEにログインしてプロジェクトリストへ移動します。

下記の図のようにログイン後の画面の右上に表示されている「プロジェクトリスト」ボタンより、プロジェクトリスト画面へ移動します。


2.プロジェクトリスト画面でCMS作成のプロジェクトを作成します。

「プロジェクトを追加する」ボタンをクリックして、CMSの作成を開始します。


3.プロジェクトの作成と設定

プロジェクトの新規登録ウィンドウが表示されますので、それぞれ入力を行います。
下記の赤字のように入力して保存ボタンを押して下さい。

【プロジェクト名】

プロジェクト名は、これから作成するCMSの名称となります。ここでは「KIROEコーポレートサイト」等と入力してみましょう。

【プロジェクトの概要】

プロジェクトの概要はCMSの説明などを入力します。ここでは入力を省略しますが、何のCMSを作成しているのか等を必要に応じて入力して下さい。

【CMSログインID・CMSログインPassword】

CMSログインID・CMSログインPasswordは作成するCMSを設置後にログインする際に利用するIDとPasswordとなります。
ここでは、それぞれ「kiroe・000111222」等と入力してみましょう。


4.管理画面リストの画面へ移動

CMSのプロジェクトの作成が完了しましたので、次にCMS内で利用する管理画面の作成を行います。
保存が完了すると下記左の図のように「続けて管理画面の設定をする」ボタンが表示されていますので、こちらをクリックします。
間違えて「プロジェクトリストへ戻る」ボタンを押してしまった場合には下記右の図のように作成したプロジェクトの画像の部分をクリックします。


5.管理画面の作成と設定

「管理画面追加」ボタンをクリックして、先程作成したプロジェクト内に管理画面の作成を開始します。

管理画面の新規登録ウィンドウが表示されますので、それぞれ入力を行います。
下記の赤字のように入力して保存ボタンを押して下さい。

【グループ】

グループは管理画面をまとめる機能となりますが、今回はこちらはそのまま「グループ指定なし」を指定します。

【ファイル名・MySQLテーブル名】

ファイル名は、作成するNews管理画面にアクセスする際のファイル名となり、MySQLテーブル名はNews管理画面で利用するデータベースのテーブル名となります。
ここでは共に「news」と入力してみましょう。

【管理画面の名称】

管理画面の名称は、そのまま管理画面の名前となります。
今回は「News管理画面」と入力してみましょう

【管理画面の説明文】

管理画面の説明文は作成する管理画面に対する説明を入力する事が出来ます。
今回は「KIROEコーポレートサイトのNewsを管理する画面となります。」と入力してみましょう


6.フィールドリスト画面へ移動

管理画面の設定が完了しましたので、次に管理画面内で利用する入力フィールドの作成を行います。 保存が完了すると下記上の図のように「続けてフィールドの設定をする」ボタンが表示されているので、こちらをクリックします。 間違えて「管理画面リストへ戻る」ボタンを押してしまった場合には下記下の図のように作成した管理画面の「フィールド」の部分をクリックします。


7.フィールドの作成と設定

「フィールド追加」ボタンをクリックして、先程作成した管理画面内にフィールドの作成を開始します。

管理画面の新規登録ウィンドウが表示されますので、フォームの選択を行います。
下記の赤字のように入力して保存ボタンを押して下さい。

フィールド:日付項目の作成

フィールド追加ボタンをクリックすると、フィールドの選択画面が表示されますので、日時選択をクリックして保存します。

フィールドの選択が完了すると、フィールドの設定画面が表示されますので、基本設定・制限・オプションの項目が表示されますので下記の様に入力を行います。

【MySQLカラム名】

MySQLカラム名はデータベースにデータを追加する際のカラム名となります。
日付の入力フィールドなので、ここでは「date」と入力しましょう。

【フィールド名】

フィールド名は管理画面上に表示されるフィールドの見出しとなりますので、入力内容に合った名前を入力します。
日付の入力フィールドなので、ここでは「日付」と入力しましょう。

【フィールドの入力説明】

フィールドの入力説明は、入力内容に対する説明となります。
ここではニュースの日付を入力するフィールドなので「ニュースの投稿日付を入力して下さい」と入力しましょう。


8.続けて入力フィールドを作成します

日付の作成が完了したら「フィールドリストへ戻る」ボタンをクリックして他の入力フィールドの追加を行います。
日付のフィールドの作成と同様に下記の通り、タイトル・画像・内容を作成して下さい。

フィールド:タイトル項目の作成

フィールド:イメージ項目の作成

フィールド:内容項目の作成


9.プロジェクトのNews管理画面の完成

全てのフィールドの作成が完了すると下記のようになり、これでNews管理画面の作成は完了です。


10.作成したCMSのダウンロードと設置

プロジェクトを作成が完了したらダウンロードを行い、レンタルサーバー等へアップロードしご利用を開始できます。
下記の図のように「CMSダウンロード」ボタンをクリックしてプロジェクトファイルのダウンロードを行います。

以上で、KIROEでのCMSの作成は完了です。設置方法とデータベースの作成について詳しくは下記の「簡単ご利用ガイド:STEP4.設置してみましょう」をご参照ください。